引越しのサカイについて調べてみました

パンダのマークでおなじみの引越しのサカイですが、平成26年3月期に売上高と作業件数で業界ナンバーワンになったようですね。
サカイでは引越しプランをたくさん用意していて、自分たちのニーズに合ったプランでの引越しが可能です。
面倒な荷造りから荷解きまでお任せできるプランは、引越しが初めての人でも安心して引越しができそうです。
反対に、なるべくリーズナブルに引越したい人には、大型家具を除く小物類はすべて自分たちで梱包するコースがおすすめのようです。
手間を掛けたくないか、お金を掛けたくないかで選べるので、引越しの予算に合わせてチョイスできますよね。

サカイで注目したいのは、その徹底した社員教育だと思います。
引越しの現場を再現した自社の研修施設を設けているので、家財道具の運び方や梱包方法などを繰り返し実践して経験を重ねています。
また、それだけではなく、運搬中の破損などを起こさないように運転練習場での練習も行っているようです。
日々の練習・実践により、確かな技術を持ったスタッフたちが揃っていると思いますので、安心して引っ越しを任せることができますよね。

大切な家財道具の運搬をお願いするにあたって、各業者の特徴を良く調べて納得のいく引っ越しを行ってくださいね。

引っ越しの見積もりは複数の業者から取るのがいい

 

転勤や新居などで家を引っ越す場合、

それなりのお金が必要です。

それは引っ越し業者に支払うお金。

あまり日頃から利用するというものでもないので、

相場とかはわからないものですよね。

ただ、かなりの金額はします。

だからこそ、少しでも安いところに頼んで節約したいものです。

引っ越しの見積もりは、だいたいここの会社というように決めてから、

見積もりをしてもらうという人が多いようですが、

実はそれは間違いです。

ちょっと高額なものになると、数社から見積もりを取って、

比較して決めますよね。

引っ越し業者も同じです。

最初から業者を決めるのではなく、いくつかの会社から見積もりを取って、

その中から納得したところを選ぶのが一番いいと思います。

その際、利用したいのがネットのサイトにある引っ越しの見積もりです。

こういうところのメリットは、一度に複数の会社から見積もりを取れることと、

自宅に来てもらわなくてもいいということです。

そのためには必要事項に記入するということをしなければいけませんが、

そのぐらいだと、かなり手軽ですよね。

もし、引っ越しが決まっているなら、こういうサイトを利用してみてもいいのでは?

引越し代金は一人だとどれくらい?

今日、出勤したとたん上司に個室へ呼ばれました。
なんだか嫌な予感がしましたよ。
普通、そういうパターンってあれですよね。
そう、異動…。
例外ではなく、私にも転勤の内示が出たようです。
とはいっても、条件付きらしく(どういうこと!?)
異動先の女の子が寿退職をする、と言ってきたらしく
今引き留め最中だとのこと。
最初は引き留められなさそうだったので、
代わりの人をってことで私が選ばれ。
しかし最近ちょっと揺らいでると。
ちょっと~!
こっちだって色々都合とか心の準備があるんです。
引越し代金て一人でだと費用はどれくらいかかるんだろう。
今いろいろな業者さんでCMとかしてるから、たくさんありすぎて
逆に迷っちゃいますよね。
私は結構洋服をたくさん買ってしまうので、できれば服は
段ボールとかに入れずに運べるタイプのサービスがあるといいなと思います。
たしかそういうのありましたよね。
あ、上戸彩ちゃんとかそういえばやってるのは?
私のこともだれか「さみしいよ!」とかって引き留めてくれないでしょうか。
今の所心当たりはいらっしゃいません。
ここで違う意味でさみしさが募ります…。
異動といってもそんなに離れたところでもないので
あまり不安がる必要もないのですが。
上司と二人きりのシチュエーションには要注意ですよ!